転職支援サービスを使うメリットは?
2018.07.05掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Google Plus
  • Line

転職支援サービスは、人材採用を行う施設と求職者の橋渡し的存在。

利用することで転職に関するさまざまなサポートが受けられます。

具体的にはどんなサービスが受けられるのでしょうか?詳しく解説したいと思います!

 

■転職支援サービスと求人サイトの違い

転職サイトと異なる点はアドバイザーの有無と、求人の非公開案件があるかどうか。

キャリアコンサルタントから面接や書類の書き方へのアドバイスや、求人情報には記載されていない求人情報を紹介してもらえることも。

 

より希望に合った職場が紹介してもらえるので、自分になかなか合う条件の仕事が見つからないという時に便利なサービスです。

 

■転職支援サービスのしくみ

転職支援サービスは求人を行う介護事業から成功報酬として紹介料が入るしくみになっているため、すべてのサポートが無料で受けられます。

 

 ▼派遣と正社員2種類の働き方がある

転職支援サービスには2種類の働き方が用意さています。

ひとつは「最初から正社員として雇用される」働き方、もうひとつは「派遣として働き、その後正社員となる」働き方です。

派遣の場合、最大で6か月間程度の派遣期間を終了したのち、双方が合意した場合のみ正社員として直接雇用されることになります。

 

■転職支援サービスのメリット

ここからは、転職支援サービスで具体的に受けられるサービス・メリットを紹介します。

 

 ▼求人検索・紹介がしてもらえる

キャリアコンサルタントとの面談で希望する条件などを伝えておくと、希望をもとに沿った求人を探して紹介してくれます。

 

 ▼資格取得のサポートが受けられる

事業者の中には介護の資格取得をサポートしてくれる会社もあります。

受講する際のシフト調整や補講のサポート。条件によっては資格取得にかかる費用を一部援助してくれることもあります。

 

 ▼見学へ同行してもらえる

介護職への転職は職場の雰囲気などを知るためにも、なるべく見学を行っておきたいところ。しかし、「緊張してしまって、うまく話せない」「ひとりでは不安」というひとも。

そんなとき助けになるのが、アドバイザーの見学同行です。

 

事前に知りたいことや質問したいことをアドバイザーに伝えておけば、代わりにアドバイザーが採用担当者へと質問してくれます。

 

 ▼給料、休みの交渉がしてもらえる

転職する際は、労働時間や休み給料についても重視したいポイントです。

しかし、こう言ったことを直接聞くのはなかなか気が引けるもの。こちらも希望が通らない場合も少なくありません。

 

そのような場合、アドバイザーが介護の職場へ交渉を行ってくれるサービスも。

明確に要望を伝えることができるため希望もより通りやすくなります。

 

 ▼履歴書の添削をしてもらえる

アドバイザーが履歴書に書く志望動機や面接のポイントなどを指導、添削を行ってくれます。正しい履歴書の書き方を学ぶことにより、採用担当者へしっかりアピールすることができます。

 

■転職支援サービスで効率よく転職活動を行おう!

働いていると、時間が不規則でなかなか転職活動ができないという方も多いはず。

転職支援サービスを利用すれば、求人の紹介・応募・面接日時の調整・条件の交渉代行などさまざまなメリットがあり効率よく転職活動が行えます。

希望の職場に転職するためにも、ぜひ活用しましょう。